ザントレックス3ファットバーナー 56錠2本の商品詳細

ザントレックス3ファットバーナー 56錠2本

商品コード: 87ragekgek

販売価格: 13,008 (税込)

339 ポイント獲得!

商品名:Zantrex3 Fat-Burner (ザントレックス3ファットバーナー)

製造元 : Zoller Laboratories

原産地 : U.S.A.

商品説明

●大人気ロングセラー「ザントレックス3」から脂肪燃焼タイプが赤いボトルで新登場!

ザントレックスの代名詞とも言える「ハイエナジー」成分を配合。成熟細胞の脂肪排出促進やホスホジエステラーゼ(加水分解酵素)の働きを抑制する効果があるという臨床結果が得られています。ただ単に体重を減らすのではなく、体脂肪を減らしてスリムになるためのダイエットサプリです。

使用方法

●運動前のサプリとして、運動開始の1時間前に2粒をお召し上がり下さい。

●最大限の効果を得るには、毎朝2粒、1日で最もメインとなる食事時に2粒、計4粒/日をお召し上がり下さい。

●必ずコップ一杯の水と一緒にお召し上がりください。

●1日4粒を超えないようにしてください。

●効果には個人差があります。

成分:カプセル当たりの成分

ザントレックス3・ファットバーナー ブレンド 1091mg

(以下、特許ブレンド)

シトラス(実)コンプレックス

ロディオラ ロゼア(根)抽出エキス

ガラナ(実)抽出エキス

トリメチルキサンチン(カフェイン)

コーラ(実)抽出エキス

シベリア人参 (根)抽出エキス

マツブサ(実)抽出エキス

緑茶(葉)抽出エキス

ケルプパウダー

フェンネル(種)粉末

アルファリポ酸

--------------------------------------------------------------------------------

<その他の成分>

デンプン、米粉、ゼラチン、ステアリン酸マグネシウム、二酸化ケイ素、二酸化チタン、着色料赤40号、青1号

注意事項

●ザントレックス3(青ボトル)とザントレックス3・ハイエナジー・ファットバーナー(赤ボトル)を一緒にお召し上がりにならないでください。両製品は全く異なる成分から作られており、全く異なったダイエットサプリメントです。一方がもう片方の代用となることはないので、ご注意下さい。

●この製品はキサンチン(例えば、カフェインやカフェイン様刺激物)混合物を含んでいます。2粒中に、キサンチン混合物約200mgが含まれています。

●この製品をご使用中は、カフェインを含んでいる薬、食べ物、飲み物の使用を制限してください。カフェインの過剰摂取により、神経過敏・イライラ・不眠、場合によっては頻拍を引き起こす恐れがあります。

●刺激物に過敏な方は、ご使用になる前にかかりつけの医師に相談してください。

●1日4粒を超えないようにしてください。

●妊娠中または授乳中の方、18歳未満の方は使用しないでください。

●お子様の手の届かないところに保管してください。

●室温(15〜30度)で保管して下さい

※これらの記述は食品医薬品局の評価を得ておりません。

本製品は何らかの疾病の手当て、治療または予防を意図したものではありません。

● 輸 送 1週間前後で到着予定

● 発 送 香港

↓食事に含まれる脂肪分を吸収しないで排泄↓

ゼニカル ジェネリック ORLISTAT

ダイエット薬・人気No1はこちら↓

スリメックス(Slimex)食欲抑制剤

↓利尿剤・むくみに効果的↓

ラシックスフロシックフレティックの激安通販・販売

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 撤平チャン 様

    評価:★★★★★投稿日:2013/11/22

    ウエストも足も

    海外のダイエットサプリは凄く効くような気がします。

    ウエストにくびれがでて足も細くなったよ。

  • ゆっきー 様

    評価:★★★★投稿日:2013/08/22

    薦められて

    友達にザントレックス3ファットバーナーを薦められて買いました。到着が以外と早かった気がします。

    効果と結果は後ほど報告~。

  • セバスチャン 様

    評価:★★★★投稿日:2013/08/09

    ダイエットサプリ

    ダイエットサプリの中でも私に1番合ってます。

    とりあえず5キロ落としました。

    目標まであと5キロ。

PAGETOP

元気販売 個人輸入代行

不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

これから進むページが日本国内では、多くが『未承認薬』であること、又『医薬品』は、医師などにご相談の上でご使用いただく事を、ご了承いただいております。