ルミガン(Lumigan) 0.03% 3mlx3本の商品詳細

  1. TOP
  2. まつ毛育毛(ルミガン・ケアプロスト等)
  3. ルミガン(Lumigan) 0.03% 3mlx3本
ルミガン(Lumigan) 0.03% 3mlx3本

商品コード: Lumigan3

販売価格: 8,936 (税込)

233 ポイント獲得!

ルミガン(Lumigan)は、まつ毛の育毛剤。

まつ毛を伸ばしたい女性に人気!


◆ルミガンとラティッセの違いは何?

ルミガン(Lumigan)の発売元とラティッセ(Latisse)の販売元は、同じアラガン社(Allergan)で成分も同じです。

ルミガンの主成分ビマトプロストは毛周期の成長期延長・毛包の刺激・メラニン生成の活性化といった効果があります。

ルミガンのブランド品ラティッセは、2008年12月にFDAより「まつげを長く濃くする薬」として初めて認可され、2009年1月から販売が開始されました。

ルミガンはもともとは緑内障治療用の目薬として発売されましたが、後にまつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%アップするという結果がでたため、まつげを伸ばすという美容目的で同成分(ビマトプロスト)の商品を別名のラティッセをアプリケーター(アイブラシ)付きで販売しました。

ルミガンは、まつげの成長周期の成長段階を延長し、成長段階にまつげの本数を増やします。アメリカでは、抗がん剤の副作用でまつげを失ったがん患者などがルミガンの処方を受けています。研究によると、ルミガンのブランド品ラティッセを使用から16周目で、被験者の78%に劇的なまつげ全体の生育(長さ、濃さ、多さの3点)がみられたといわれています。ルミガンは継続的に使用されることによって効果が発揮されます。ルミガンはビューラー・パーマ・エクステ等でまつ毛が傷んでしまった方や、これまで専用の育毛剤で効果を実感できなかった方にもおすすめのまつげの育毛剤です。

◆ルミガン(Lumigan)の使用方法

まつげの育毛・増毛には、毎晩ルミガン一滴を上のまぶたの付け根につけてください。または、ルミガンを細めのアイブラシに落とし、まぶたの付け根にアイライナーに湿る程度に塗りご使用ください。

ステップ1:ルミガンを塗る前には、顔を洗い化粧を落とし、スキンケア製品(化粧水や乳液など)は全て付けた状態にしてください。

(コンタクトレンズを付けている場合は外してください。)

※目の周りやまぶたの化粧は、必ずメイク落としで落としてください。

ステップ2:アプリケーター(塗布具)を準備しルミガンを1滴落とします。

ステップ3:ルミガンをアイラインを引くように上まぶたのまつげの根元にそって、ひと塗りします。

ステップ4:まぶたからはみ出た余分なルミガンの液をティッシュなどで拭き取ります。

◆ルミガンの購入の際は、病院にいかなくてもいいですか?

ルミガン(Lumigan)の購入(個人輸入)は、特に処方箋がなくても個人での使用目的に限り輸入が認められております。

ルミガンの使用方法、効果、副作用など の情報は、ルミガン販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、弊社では一切の責任を負いかねます。

◆ルミガンの使用方法のご注意

ルミガン(Lumigan)は、本来目薬として開発されたため、目に入っても害はありません。

ルミガンの薬液が皮膚に付き過ぎると色素沈着を起こすことが稀にあるようです。

ルミガンはまつげ美容液ラティース(ラティッセ)と同じ会社の同成分で同効果の商品です

製造元 : Allergan

原産地 : U.S.A.

● 輸 送 8日前後

● 発 送 インド(インドの休日など状況によっては香港発送)

使用期限は1年以上残ってるものを発送しております。

ルミガンの副作用として、何故まつげが伸びるのかは、まだ明確にはわかっていないようですが、ルミガンの主成分であるビマトプロストが作用しているのは確かなようです。Latisse ラティッセは、まつげ用美容液としては実績も浅い商品ですが、ルミガンの実績もありますし、きちんとFDA(アメリカ食品医薬品局)にも承認されていますので安心して利用できます。

ルミガン(Lumigan)の外箱は複数あります。

赤い下地に「For use in India Only」と印刷されているものが届く場合がありますが、成分・メーカーは同じです。

ケアプロストはルミガンのジェネリック

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

PAGETOP

元気販売 個人輸入代行

不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

これから進むページが日本国内では、多くが『未承認薬』であること、又『医薬品』は、医師などにご相談の上でご使用いただく事を、ご了承いただいております。