テムノール TEMNOL 500mg 300錠 タイレノールと同成分の商品詳細

  1. TOP
  2. 鎮痛剤・痛み止め(ロキソニンと同成分JAPROLOX・ドサナック・ボルタレン等)
  3. テムノール TEMNOL 500mg 300錠 タイレノールと同成分
テムノール TEMNOL 500mg 300錠 タイレノールと同成分

商品コード: TEMNOL300

販売価格: 3,450 (税込)

90 ポイント獲得!

有効成分にアセトアミノフェンが含まれている解熱鎮痛剤です。発熱時の解熱や、頭痛や歯痛、月経痛など鎮痛薬として用いられます。

いつでも(空腹時でも)飲めて効く、眠くならない頭痛薬です。 タイレノールは、主に脳(中枢神経)に作用し、痛みや熱をおさえます。

成分:アセトアミノフェン(パラセタモール=Paracetamol) 500mg

テムノール TEMNOL は タイレノールと同成分です。

タイレノールついて

病院などで処方される解熱鎮痛剤として、お馴染みのアセトアミノフェンがあります。

解熱や鎮痛、消炎などの有効成分として穏やかな作用があり、タイレノール500mgにも含まれています。

解熱鎮痛剤としてはアニリン系という比較的安全性の高い成分で、痛みや発熱の原因を抑えるものではありませんが、皮膚の血管を広げて解熱させ、痛みに対して鈍くする作用があります。

同じような効果を持つ医薬品にアスピリンやイブプロフェンがありますが、アセトアミノフェンには抗炎症作用は殆どありません。

そのため、胃を刺激しにくくなっていますので、空腹時にも飲むことができます。ただし、風邪の症状などで空腹時が続いているときには食事をとってから飲むようにしてください。タイレノール500mgは、眠気などの副作用もなく、大変扱いやすくなっていますが、作用が穏やかであるため過剰服用になることがあります。正しい用法と用量で服用すれば、安心して飲める医薬品です。

タイレノールの使用方法

・大人(15歳以上)1錠から2錠を1日3回から4回服用します。(体の大きさや体重に合わせ薬の量を調整してください)

・お水がぬるま湯で服用してください。

・痛みがある時や発熱時に服用し、次の時間までの間隔は6時間以上開けるようにします。(※1日に内服する量は8錠(4g)を超えないようにしてください。穏やかな作用であるため、過剰服用には十分に注意します。)空腹時でも飲めますが、食事が取れない時間が長く続いている場合は、食べ物を食べてから飲むようにしてください。

タイレノールのご注意

過剰摂取は副作用の原因にもなりかねませんので用法と用量をきちんと守ってください。 1日の服用量は8錠(4g)を超えないようにし、服用の間隔も6時間以上開けるようにしてください。

主成分であるアセトアミノフェンは効果が穏やかで比較的安全性の高い成分ですが、空腹の状態が長く続いている時は食事をしてから飲む、服用も水やぬるま湯で飲むという、正しい使い方をすることが望まれます。

また、15歳以上の方の解熱鎮痛剤ですので、お子様の手の届かない場所で保管してください。他の解熱鎮痛剤を服用されている方は時間を開けてお飲みください。

タイレノール(Tylenol)の概要

米マクニール研究所(1959年にジョンソン・エンド・ジョンソンによって買収)はアスピリンの副作用に対して、1953年にアセトアミノフェンを含む鎮痛剤の開発を開始。1955年に小児用にタイレノール・エリクシールを発売する。

はじめは小児用として売り出されたものだったが、これがすぐに大人にも支持を得て、現在アメリカでは鎮痛剤市場の約35%をタイレノールが占めるに至る。

タイレノールというブランド名は、アセトアミノフェンの正式な化学名、「N-acetyl-para-aminophenol」から取ったものである。

製造:OSOTH INTER LABORATORIES CO.,LTD.

製造国:タイ

発送元:タイ

アスピリン

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

PAGETOP

元気販売 個人輸入代行

不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

これから進むページが日本国内では、多くが『未承認薬』であること、又『医薬品』は、医師などにご相談の上でご使用いただく事を、ご了承いただいております。