HGHサージ(HGH Surge) 200錠(100x2)の商品詳細

  1. TOP
  2. 成長ホルモン(GAスプレー・HGHサージ等)
  3. HGHサージ(HGH Surge) 200錠(100x2)
HGHサージ(HGH Surge) 200錠(100x2)

商品コード: HGH Surge200

販売価格: 9,373 (税込)

244 ポイント獲得!

成長ホルモンの分泌を促進する為の成分を配合したサプリメント

Lアルギニン、Lオルニチンなどがブレンドされ、元気で 若々しい毎日をサポート!

■使用方法:

栄養補助食品として1日5錠を目安に、多めのお水とご一緒にお召し上がり下さい。

食品ですのでどのように召し上がっても結構ですが、運動前のご摂取、または夕食後から最低2時間以上あけた就寝前のご摂取をおすすめします。

※英文ラベル日本語訳

●成分表示:(5錠あたり)

●エネルギー 20kcal

●総炭水化物量 1g

●食物繊維 1g

●タンパク質 1g

●ナイアシン(ニコチン酸イノシトール) 400mg

●クロミウム 200mcg

(ポリニコチン酸クロミウム[ChromeMate®]&クロミウムピコリネイト)

●LアルギニンLピログルタミン 1g

●LリジンHCl  750mg

●Lグルタミン 500mg

●アセチルLカルニチン 450mg

●グリシン  400mg

●GABA(ガンマアミノ酪酸)  350mg

●15%標準化ハッショウ豆エキス 300mg

(Lドーパ45mg含有)

●LオルニチンHCI 250mg

●ケトグルタル酸オルニチン 250mg

●Lシトルリン 250mg

●DMAE(重酒石酸)100mg

●50倍濃縮イチョウ葉エキス 100mg

(24%フラボングリコシド)

●5HTP(5-ヒドロキシトリプトファン) 50mg

●ヒューペリジンA (トウゲシバ葉エキス由来) 50mcg

(その他成分)

●微結晶性ケイ酸セルロース、微結晶セルロース、コロイダル二酸化ケイ素、ステアリン酸、ステアリン酸マグネシウム

ソースナチュラルズ社: 深い栄養学研究に基づく最先端の製品群

1982年に設立された Source Naturals社は、その革新的な製品の製造で有名です。

Source Naturals社が設立された当時、また今では当たり前となった複合タイプのサプリメントは存在しませんでした。 そんな中、1粒の中にビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸、その他の違う栄養素を入れた製品を発表しました。

また免疫機能をサポートするサプリメントのパイオニアでもあり、現在 その製品群は多くの消費者からの支持を受けています。 Source Naturals社は、リポ酸、グルコサミン、プロポリス等の栄養素をいち早く製品化するなど、 アメリカのサプリメント市場でも高い評価を受けてきています。 また長きにわたり、数多くの高品質レスベラトロール商品を世に送り出し続けています。

Source Naturals社が販売する数百種類の製品は、高品質な素材を使用するとともに、 最新の栄養学的研究に基づいた製品の製造を反映しています。

 

■注意事項:

本製品摂取後、次の状態になった場合は摂取量を減らすか、ご摂取を中止して下さい。

・むかつき ・過度の唾液分泌 ・吐き気 ・下痢 ・筋肉の痙攣 ・胃痙攣 ・過度の排尿

・不眠 ・頭痛 ・不整脈 ・高血圧

・気分や感情の著しい起伏

●次に該当する方はご摂取をお避け下さい。

・お子様 ・妊娠・授乳中 ・妊娠を考えている ・ガンと診断されている

●次に該当する方はご摂取前に医師にご相談下さい。

・精神障害 ・潰瘍 ・糖尿病 ・震戦 ・癲癇(てんかん) ・喘息 ・失禁症 ・不整脈

・高血圧 ・手根管症候群 ・ワーファリンを含む処方せん薬を服用中

●お子様の手の届かない場所に保存して下さい。

ダイエット薬・人気No1はこちら↓

スリメックス(Slimex)食欲抑制剤

↓利尿剤・むくみに効果的↓

ラシックスフロシックフレティックの激安通販・販売

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • きみこ 様

    評価:★★★★投稿日:2013/10/19

    続けると効果が出ます。

    精神的にも体力的にも疲れていたところに友達にHGHサージを薦めてくれました。そんなに興味が無かったけど続けてるうちに少しずつ良くなってきました。

    成長ホルモンって凄いなと思いました。

PAGETOP

元気販売 個人輸入代行

不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

これから進むページが日本国内では、多くが『未承認薬』であること、又『医薬品』は、医師などにご相談の上でご使用いただく事を、ご了承いただいております。