デパス Depas 0.5mg100錠 精神安定剤の商品詳細

デパス Depas 0.5mg100錠 精神安定剤

商品コード: Depas0.5mg100

販売価格: 18,170 (税込)

474 ポイント獲得!

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

デパスは気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくしたい方向けの商品。

デパスの作用

抗不安作用--おだやかな作用で緊張感や不安をやわらげます。

鎮静・催眠作用--興奮状態やイライラをしずめたり、寝つきを良くします。同じ系統の薬で、とくに催眠作用の強いものは睡眠薬として用いられています。

筋緊張緩和作用--筋肉のこわばりや、つっぱりをほぐす作用があります。そのため、がんこな肩こり、腰痛、緊張型頭痛などにも応用されるかもしれません。

抗けいれん作用--けいれんを予防し、抑えます。

デパスの用法

神経症、うつ病の場合..通常、成人はデパスを1日3mgを3回に分けて経口服用する。

心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の場合..通常、成人はデパスを1日1.5mgを3回に分けて経口服用する。

睡眠障害に用いる場合..通常、成人はデパスを1日1~3mgを就寝前に1回経口服用する。

なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、デパスは1日1.5mgまでとする。

※用法用量は症状により異なりますので医師の指示を必ずお守りください。

デパスの優れた特徴として「安全性が高い」ということがあげられます。重い副作用はほとんどありません。

比較的多いのは、ふらつき、眠気、けん怠感、脱力感などです。これらは、それほど心配いりませんが、車の運転など危険な作業には注意が必要です。

また、とくに高齢の人では、転倒につながったり、昼間からボーッとしてしまう可能性があります。このような場合は、服用量を適切にコントロールする必要があります。

抗不安薬デパス(精神安定剤)主成分はエチゾラム

製造元 : 田辺三菱製薬 Mitsubishi Tanabe Pharma

原産地 : 日本 Japan

おだやかな鎮静作用,抗不安作用(不安や意欲低下を改善),筋肉のこりをほぐす,精神的な緊張による種々の症状(不安,不眠など)を改善。催眠作用,抗うつ作用

● 輸 送 1週間前後で到着予定

● 発 送 香港 or シンガポール

海外への発送不可。日本にのみ発送可能です。

成分であるエチゾラムは旧・吉冨製薬(現・田辺三菱製薬)が開発し、商品名デパスとして1983年9月に承認され、1984年3月に販売された。

精神安定剤 デパス Depas を作っている田辺三菱製薬は、1933年に設立された、医療用医薬品を中心とする医薬品の製造・販売会社です。

精神安定剤 デパス Depas は、薬事法の関係で海外からの発送となります。

肩こりにも効果?

なぜ精神安定剤やうつ病、不眠症などの症状に対して効果があるデパスが、肩こりに効くかと言うと、デパスの持つ筋肉を弛緩させる効き目を利用しているのです。

肩こりも緊張と同じで、精神的、肉体的にリラックスさせることによって、緩和、改善することが期待できるんですね。

ただし、肩こりと言っても、相当ひどい症状の場合で、「肩こりの為に眠れない」「肩こりの為にひどい頭痛やめまいがする」「けいれんをおこす」「吐き気を感じたり嘔吐する」といったようなケースでデパスを肩こりによる各種症状を抑えるために処方されて服用する場合があります。

同様に肩こりだけでなく、腰痛などが重症の様な時にもデパスが使用されることがあります。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • サイヤ人 様

    評価:★★★★投稿日:2015/12/09

    期待出来そうです

    これまでと同様に、焦りなどが見られ、普段と一緒の生活が難しい事はあります。

    ですが、そのような時は精神安定剤デパスを服用するのみで、状況が一変します。

    精神安定剤デパスが、私のような人間には必ず必要になってくるのです。

  • s.k 様

    評価:★★★★★投稿日:2013/03/12

    通販で

    今までは薬を貰う為に病院に行ってました。

    友達からネットでも買える事を知り元気通販を使ってます。10日位で届きました。

  • しょこたん 様

    評価:★★★★★投稿日:2012/05/17

    お酒好き

    お酒飲まない時に飲んでます。

    気持がらくにまります。

PAGETOP

元気販売 個人輸入代行

不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

これから進むページが日本国内では、多くが『未承認薬』であること、又『医薬品』は、医師などにご相談の上でご使用いただく事を、ご了承いただいております。