ロゾール・LOZOL(プロトンポンプ阻害剤)2箱(28カプセル)の商品詳細

  1. TOP
  2. 胃潰瘍・H2ブロッカー・食道炎(ガビスコン・ラニジン等)
  3. ロゾール・LOZOL(プロトンポンプ阻害剤)2箱(28カプセル)
  • オススメ
ロゾール・LOZOL(プロトンポンプ阻害剤)2箱(28カプセル)

商品コード: LOZOL

販売価格: 2,639 (税込)

68 ポイント獲得!

商品詳細

ロゾール(プロトンポンプ阻害剤)

胃酸の分泌機能プロトンポンプの活動を抑え、胃酸の出るのを少なくします。それによって胃酸による胃粘膜への負担を減らし、胃潰瘍等の治療につなげます。

効能・効果

ロゾール(プロトンポンプ阻害剤) 

【1】胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群

【2】逆流性食道炎

【3】非びらん性胃食道逆流症(錠10mgのみ)

【4】下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃

用法

ロゾール(プロトンポンプ阻害剤) 

【1】通常、成人はオメプラゾールとして1日1回20mgを経口服用する。なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの服用とする。

【2】通常、成人はオメプラゾールとして1日1回20mgを経口服用する。なお、通常、8週間までの服用とする。さらに再発、再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1日1回10~20mgを経口服用する。

【3】通常、成人はオメプラゾールとして1日1回10mgを経口服用する。なお、通常、4週間までの服用する。

【4】通常、成人はオメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリンとして1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口服用する。なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる。ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする。プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン及びクラリスロマイシンの3剤服用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人はオメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリンとして1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口服用する。

副作用

ロゾール(プロトンポンプ阻害剤)

副作用はあまり無いといわれています。稀に、肝機能値に異常が現れたり、頭痛やめまい、軟便、下痢になる方がいます。ピロリ菌の治療で、酷い下痢が治まらい場合は病院でご相談ください。特別な副作用として、血液障害(白血球や血小板の減少)があります。極めて稀な副作用として、肝障害、腎炎、皮膚障害が報告されています。これらの副作用の発症を防ぐために、定期的に検診をお勧めします。

●製品名 LOZOL

●一般名 オメプラゾール Omeprazole20mg

●製造元 NEW LIFE PHARAMA CO.,LTD

●薬効部類 胃薬

●日本名 ロゾール / オメプラール錠

●発送国 タイ

●製造国 タイ

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

PAGETOP

元気販売 個人輸入代行

不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

これから進むページが日本国内では、多くが『未承認薬』であること、又『医薬品』は、医師などにご相談の上でご使用いただく事を、ご了承いただいております。