グルコバイ(Glucobay)50mg (1箱90錠)の商品詳細

グルコバイ(Glucobay)50mg (1箱90錠)

商品コード: Glucobay

販売価格: 3,889 (税込)

101 ポイント獲得!

商品詳細

グルコバイは、食後過血糖を改善する糖尿病治療薬です。有効成分であるアカルボースは、α-グルコシダーゼ阻害薬に分類されます。

グルコバイは、消化酵素の働きを抑えることで、糖質の消化・吸収を遅延させ、食後の急激な血糖の上昇を抑制します。

小腸粘膜に存在する消化酵素であるα-グルコシダーゼを阻害することに加え、膵液および唾液のα-アミラーゼも阻害します。食後過血糖を改善することにより、HbA1cも改善します。

●効果効能

糖尿病の食後過血糖の改善(ただし、食事療法・運動療法によっても十分な血糖コントロールが得られない場合、又は食事療法・運動療法に加えて経口血糖降下薬若しくはインスリン製剤を使用している患者で十分な血糖コントロールが得られない場合に限る)

薬を使用するときは、必ず医師の指示に従って使用することをお勧めします。食後血糖2時間値など定期的な血糖検査をお受けになることを推奨いたします。

※効果には個人差があります。

●用法

成人では通常1回100mg(1錠)を1日3回、食直前に経口投与する。ただし、1回50mg(0.5錠)より投与を開始し、忍容性を確認したうえ1回100mg(1錠)へ増量することもできる。

なお、年齢、症状に応じ適宜増減する。

グルコバイ について下記の点にご留意ください。

これはグルコバイの諸注意事項について弊社の所見を述べることではなく、取扱説明書等の情報を和訳したものとご理解ください。依ってその効果副作用等について弊社ではその対応及び処置等の意見をすることは致しません。ご了承くださいませ。

※現在、報告されている注意事項

消化器症状(腹が張る、ガスがたまっておならが出る、おならが増える、下痢、便秘、腹痛)、肝機能異常(吐き気、嘔吐、皮膚が黄色くなる、白目が黄色くなる、尿が黄色い、かゆみ、身体がだるい、食欲不振)などの症状が現れる場合があります。

食直前に飲み忘れたときには食事中に服用してください。ただし、食後または空腹時には服用しないでください。

※2回分を一度に服用しないこと。

他の血糖降下薬と併用するときは、低血糖の発現に注意が必要です。ほかにも、血糖降下作用に影響をおよぼす薬がたくさんあります。使用中の薬は忘れず医師に報告して下さい。

肝臓、腎臓、甲状腺疾患などがある場合は、事前に医師へご相談ください。

本剤の服用中も必ず食事療法、運動療法による治療を守ってください。

本剤は食事の直前に服用してください。本剤がきちんと働くためには食物と薬が一緒に消化管の中にあることが必要です。食事と薬を服用する時間が大きくずれると効果は少なくなります。

※検査

血糖値を定期的に検査してください。

●副作用

全身がだるい、皮膚や白目が黄色くなる、嘔吐や強い吐き気があるなどの症状が現れた場合は、速やかに医師の診察をお受けください。

放屁の増加やお腹が張ったりすることがありますが、一般には時間の経過とともに症状が消えることが多いです。ただし、症状がひどくなる場合には、医師へその旨をご相談ください。

本剤の服用中にL-アラビノース、グアバ茶ポリフェノール、トウチエキスは、なるべく摂らないようにしてください。

お腹の張り、ゴロゴロ、オナラ、排便回数増加、軟便、下痢、腹痛、便秘、吐き気、吐く、食欲不振,肝機能値の異常

●重い副作用(まれに現れることがあります)

低血糖..力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやり。さらに重くなると、異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)。

腸閉塞..お腹の張り、ゴロゴロ、オナラが増える、繰り返す腹痛、持続する腹痛、嘔吐。

肝臓の重い症状、だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色、重い肝硬変例における高アンモニア血症の悪化、便秘、眠気、もうろう、混乱、けいれん、意識がうすれる。

ダイエット薬・人気No1はこちら↓

スリメックス(Slimex)食欲抑制剤

↓利尿剤・むくみに効果的↓

ラシックスフロシックフレティックの激安通販・販売

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

PAGETOP

元気販売 個人輸入代行

不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

これから進むページが日本国内では、多くが『未承認薬』であること、又『医薬品』は、医師などにご相談の上でご使用いただく事を、ご了承いただいております。